コラム

加齢とウエイトトレーニング

先輩方からは「まだまだ若い」と言って頂けますが、最近筋力の低下や疲労回復に時間がかかることを実感しています。実際年齢と共に筋力は低下しますので、是非ウエイトトレーニングを試してみてください。私はフリーウエイト…ダンベルやバーベル種目をメインに行っていましたが、関節の負担を感じています。そこで、マシントレーニングを適度に併用する事で、関節に優しく、筋肉に適切な負荷を与えられているように感じます。マシントレーニングは初心者にもお勧めですので、是非ジムにいらしてください。

 

以下、AI生成文章です。

 

加齢に伴う筋力の低下は、日常生活における様々な動作に影響を及ぼす可能性があります。しかし、ウエイトトレーニングを含む筋力トレーニングは、高齢者にも多くのメリットを提供することができます。例えば、筋肉量の増加、骨密度の向上、生活習慣病の予防や改善、サルコペニアやフレイルの予防などが期待できます。

高齢者におすすめの筋トレ方法としては、有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせが挙げられます。ウォーキングや自転車こぎなどの有酸素運動は、体力に合わせて行うことが推奨されています。また、自宅でできる簡単な自重トレーニングや、膝をついた状態でのプッシュアップ、ダンベルを使用したスクワットなどが効果的です。

70歳を過ぎても、ウェイトトレーニングによって筋肉量を増やし、フィットネスを向上させることが可能であるという研究結果もあります。この研究では、週3回のウェイトトレーニングを16週間続けた結果、筋肉量の増加とフィットネスの改善が見られました。

ただし、高齢者が筋トレを始める際には、いきなり激しい運動をするのではなく、ゆっくりと強度を上げていくことが大切です。また、膝や腰の調子が悪い方は、医師に相談してから運動を始めることをお勧めします。

注意点:

  • 普段あまり運動をしない方は、体に無理をさせすぎないように注意が必要です。
  • 運動を始める前には、医師と相談することが重要です。
  • 運動の強度は、個人の体力や健康状態に合わせて調整してください。

これらの情報を参考に、健康的なウエイトトレーニングを行っていただければと思います。何か他に知りたいことがあれば、お気軽にお尋ねください。

 

武蔵浦和のフィットネスジム ネクサスフィットネス武蔵浦和

入会はこちら