コラム

フィットネスはブームではなく生活必需品

武蔵浦和のフィットネスジム ネクサスフィットネス武蔵浦和のコラムをご覧いただきありがとうございます。

フィットネスはブームではなく生活必需品!というお話です。

日本ではブームとしてフィットネス人口が増加していますが、アメリカでは生活必需品となっています。背景として「社会保障が充実していないから」と言われており、自分の身は自分で守る、自分の健康は自分で手に入れる!

その様な文化が、フィットネスを生活必需品としているそうです。日本は社会保障が充実していますが、それでもやはりフィットネスを生活必需品としてご利用くことを推奨しています。健康寿命と平均寿命というものがあります。言葉の通りですが、健康ではなくなる年齢~寿命までの期間は約10年と言われています。この10年間、皆様はどのように過ごしたいでしょうか。出来れば自分の足で歩き、食事制限されない生活を送りたいと願っているのではないでしょうか?そこで、ウエイトトレーニングや有酸素運動が役立ちます。

 

・筋力向上により歩く能力が高まる

・筋力向上により転倒リスクが減る

・脂肪燃焼効果により生活習慣病の予防につながる

・心肺機能向上により生活が楽になる。

そう、フィットネスは競技者だけのものではありません。

是非、生活の質の向上のためにトレーニングを行ってみてください。

 

武蔵浦和のフィットネスジム ネクサスフィットネス武蔵浦和

入会はこちら